読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の垢を煎じて飲む

こだまのブログ

新卒たった5ヶ月での異動。素直になれない初月から目標達成率トップになれたたった1つの理由。

f:id:satoshi0250:20161023164601p:plainお久しぶりです。

こだまです。

先に、タイトルに関しては、最近流行りの下記ブログを参考にしております。(すみません)

 成功者のみが知っているたった1つの真実、5選 - もはや日記とかそういう次元ではない

 

突然ですが、私こだま

9月にWebマーケティングの情報サイト「ferret」から「ferret One」

という新規事業?の営業として異動することになりました。

 

同じ事業部ではありますが、この異動は自分の今までの人生においてもトップ3に入るぐらいの大きな環境の変化だったと思います。(1番っていうと「大げさだ!」なんて言葉が飛んできそうなのでトップ3にしておりますが、自分では1番だと思っていますw)

 

実際、入社5ヶ月で異動ってなると、素直にその事実受け入れきれなかったり、その後の営業活動にもそういった態度が出てしまったりとするのですが、そこから自分が9月に目標達成率で1番になれた理由を書きたいと思います。

 

今回は

  1. ferret Oneとは
  2. 異動後の苦悩
  3. なぜ達成率で1番になれたのか

1、ferret Oneとは

異動前のferretと何が違うのかを簡単に言うと

「ferret=Webマーケティングを体系的に学べるメディア」

ferret-plus.com

「ferret One=Webマーケティングが実践できるようになるサービス」

ferret-one.com

です。

 

例えば

「ferret等で情報収集はしているけど、何から始めていいのかわからない」

「サイトのデザインかっこよくしたのに、Webでの集客が全然できていない」

ホットペッパー出しているけど、費用に対しての来訪者が少ない気がする」

 

日本に中小企業は約400万社ありますが、上記の例のような悩みを抱えた上で、「できるものならWebで集客がしたいけど、うまく行くかわからないし、、、」といった会社は少なくありません。

 

そのような会社をWebサイトの構築段階から実際にWebマーケティングを実践し集客ができるようになるところまでをサポートするのがこの「ferret One」です。

 

2、異動直後の苦悩

サービスの説明をしだすとめちゃくちゃ長くなりそうだったのでこの辺にしておいて、今自分は、このサービスの営業をしています。

 

営業の中でも今はインサイドという、いわゆるテレアポ専属部隊みたいなものです。

架電相手にサービスへの興味を持ってもらい、アポを取ってフィールドの方(実際に営業に行く人)にその案件を渡すのが役割です。

 

そんな中で、このチーム配属後、最初に言い渡された目標は「電話を1800件かけてください」でした。

営業日で換算すると、1日120件ぐらいかけなくちゃいけなくて、なかなかきつそうだなーとか思ったのですが、その目標の目的が「電話に慣れること」だったんです。

 

ここでふと疑問に思ってしまいました。

「自分はもともとアルバイト時代から電話はやっていたので、すでに慣れてるし、コール数追う意味あるのかな?つべこべ、、、」

 

そして、その思いに余計に拍車を掛けたのは、アポが取れると言う事実でした。アポが取れても目標には関係ないのに、「コール数を追う意味がわからない!アポ取りたい!」という方向に意識がいってしまい、9月前半はその意識に比例するように、架電件数が伸びませんでした。

終いには、「異動して、こんなことやりたかったんだっけ?」となってしまう負のサイクル具合。笑途中までは最悪でした。

 

3、なぜ達成率でトップになれたのか

やりたかったことと違う!レベルまで落ち込んでいた自分がなぜチームでの達成率で1番になれたのか。

 

結論それは、色んなできない&やらない要素を考えるのをやめ、「目標を達成することにふり切った」からです。

 

月の後半で、あれ?これ達成できるかわからないぞ?となった時に、

目標達成できなかった後で、言い訳のように「コール数は意味がないと思っていました!」ていうより、目標達成した上で、「達成しましたが、ここはあまり効果がなかったように思います。自分はこうしたかったです!!!!」て言えた方が絶対良い。。。

 

また、部長からも「ファクト(事実)で話さなきゃいけない」と常々おっしゃって頂いてたので、「ああ、こういうことか」と思えることができました。

 

そう思い、振り切ってからはとても早かったです。

 

「目標達成=コール件数を追うために何をするか」それだけを考えることに集中することで、1日120件行くか行かないかぐらいのコール件数も250件までのばすことができ、月の件数でも2000件を超え、その月のチームでの達成率で1位をとることができました。

 

もちろん、電話をかけるだけなので、当たり前と言えば当たり前なのかもしれないのですが、月初の考え方では絶対取れなかった数字です。

 

まとめ

「無理だと思う」「意味がない」

こういった「できない&やらない要素」を考えてしまうことは本当に無駄で、「いかにして目の前の壁を越えるか→乗り越える」ことの積み重ねが「仕事」なんだなと思いました。

 

「ふりきって、目標達成という事実(ファクト)を積み重ねていく」

 

今後もこの意識を念頭に置いて、仕事に取り組みたいと思います。

 

※滞ってた当ブログを継続的に見てくれている人がいることがわかったので、ferret Oneとしてのこだまのアウトプットの場として更新していきます!改めてよろしくお願いします。

 

それでは今日はこの辺で

 

おわり